スピリチュアル・メッセージ

神の芸術は真我のままに生きること

スペースエンジェルA.S. 2006年1月28日の霊言

スペースエンジェルA.S.

紹介動画

メッセージの一部を動画で紹介しています

霊人紹介

スペースエンジェルA.S.


 戦後生まれの日本人として生を受け、ヒーリングアートを打ち出した女性芸術家として活躍、国際的にも有名になる。近年この世を去ったが、現在はスペース・エンジェル(宇宙の友)として、通信を送ってきている。ひじょうに高度な霊文明であったレムリア時代にも、宇宙人のコンタクティとしてアマーリエに通信を送っていた。
 霊言の中では、「自らの素晴らしい潜在意識の中にある、美しい神の子という真我というもの、それに素直に、それにあるがまま素直に生きよ」「社会自体が調和されて、人々の精神レベルというものが、バイブレーションが上がってきた時には、その一人ひとりの生きている姿そのものが芸術そのものになる」「地球人類がみんな愛の認識に目覚めて、高い宇宙のエネルギーの波動と調和し、地球に愛のシャワーのように高いバイブレーションの波動を地球に引っぱってくることができたのならば、それだけで地球は癒され、愛の星へと変化していくことでしょう」と語りかけている。