アマーリエ講演録

女性の法シリーズ 8


アマーリエ講演録 

質疑応答編




書籍情報

タイトル 女性の法シリーズ 8
アマーリエ講演録
質疑応答編
出版 レムリア・ルネッサンス
形式 単行本(ソフトカバー)
ISBN-13 978-4904615362
言語 日本語
発売日 2018/8/1
価格 1,300円(税抜)

販売



内容紹介

女性の法についてのアマーリエの講演をまとめた『アマーリエ講演録 女性の法シリーズ』を発刊いたしました。


もくじ

まえがき

質疑応答

・きれいごとでない母の姿を見せてあげて
 Q1「お子さんを育てる時、初めから悟っていたんですか」
・相手が何を望んでいるかを考えて
 Q2「家の決定権、私が握っちゃう感じなんですが、いいんでしょうか」
・男性、女性、両方に転生する方もいる
 Q3「私、前世は男だったのかなと」
・子どもが増えると、家族がより強化される
 Q4「5人目の子どもを授かりそうな予感。でも迷いが…」
・逃げないで、時をかけて待つ
 Q5「今まで通り、子育てを楽しくやっていきたいと思いました」
・神様を信頼して、愛を輝かせて生きる
 Q6「今後、多くの天変地異が起こると聞いたのですが」
・受容性とは甘やかすことではない
 Q7「受け止めると甘やかすの違いは?」
・子どもを信じて、見守って
 Q8「ゲームとの付き合い方は?」
・「ありがとう」と、身体全体で抱きしめて
 Q9自分が病気で、子どもについ当たってしまう」
・自由意志を尊重してあげて
 Q10「勉強しすぎる息子が心配」

・潤滑油となるのがお母さん
 Q11「主人と息子の関係がぎくしゃくしていて…」
・「違うから素敵なんだよ」って
 Q12「きょうだい仲が、とても悪くて」
・この環境でしか学べないことがある
 Q13「不妊で悩んでいます」
・縁があるから、子どもは産まれてくる
 Q14「産んでほしいと、待っている子がいるみたい」
・地球を救うのは、地球人の手でしかできない
 Q15「スピリチュアルの本で読んだのですが、よく分からなくて」
・生きざまを通して伝える
 Q16「保育士の私に、何ができるでしょう」
・こっちの道を選んだからこそ学べることもある
 Q17「息子が問題のある女の子と付き合っている」
・どんなすばらしい人生だったか、思い出させてあげて
 Q18「介護の仕事をしています。年配の方にどう伝えていったらいいのか」
・お母さんは家庭の太陽。ドーンと構えて
 Q19「きょうだいゲンカがひどい」
・花の種を育んで、開花させて
 Q20「今まで通り普通の主婦をしていていいのですか?」
・愛されているという自信が、人生を頑張りぬく原動力
 Q21「のんびり屋の娘」
・女性性、母性の力に目覚めて
 Q22「地球のシフトアップのタイムリミットは?」

あとがき

注釈

書籍 一覧(1〜8巻)

Kindle版 一覧