ささやかな一歩から

「あなた方だって自分自らが神の子であるということを気づかずに、神が宇宙の中でこのように無限の時の中で、ただただ黙って酸素を、ただただ黙って神の太陽の光を与えて私たちを育んでくださったことに、全く恩知らずなあなた方であったではありませんか。 それであるにもかかわらず、神はただただ無償に愛というものを投げかけ、あなた方を育んでこられ、あなた方が進化発展するためにその環境を整えてこられ、そのために祈りをもって、あなた方をこの世に生み出してくださったのです。(中略) 愛は循環するのです。 その方に与えた愛をもって、その人からだけ返してもらおうと思うから、苦しみがわくのです。 ほかの人たちを赦しなさい。そして、あなたの愛を求めている人は、数々の方たちがあなた方の身の周りにいるはずなのです。 できることからしなさい。無理はしなくていい。無理をする必要はない。 でも、あなた方がやれるささいなことはたくさんあるはずなのです。毎日行き交う人ににっこりと笑って、『おはようございます』、『こんにちは』と言うことも愛の一歩でしょう。」(アモール) 以上、きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集59 アモール」(アマーリエ著) P47~50より抜粋いたしました。 皆さま、こんにちは。 レムリア・ルネッサンスの彩花(あやか)と申します。 私は、両親と弟が一人という家庭で育ってきました。 しかし、家庭では会話もなく、私は家族との仲はよくありませんでした。 でも、心のどこかでこのままでいいのかと悩んでもいました。 そして30歳頃のある日、この霊言にふれました。 「神が宇宙の中でこのように無限の時の中で、ただただ黙って酸素を、ただただ黙って神の太陽の光を与えて私たちを育んでくださった」という一文を読んで、私は誰からも愛されていないと思っていたけれど、神様からは愛されているのだなと思いました。 また、「できることからしなさい。無理はしなくていい。無理をする必要はない。」、「『おはようございます』、『こんにちは』と言うことも愛の一歩でしょう。」とありましたので、私もこれならできるかもしれない、できることから愛を表現してみようと思いました。 私の家庭は会話がありませんでしたので、普段挨拶をすることもなかったのです。...

感謝

「一生真っ暗な闇の中で閉ざされ、光を見たことのない者が、光り輝ける素晴らしい、美しい自然界の姿を見たときの感動。耳も聞こえぬ、ほかの方がたの声も聞こえぬ、音のないサイレントな世界の無音な世界の中で、何の声も聞こえない孤独の中に閉じ込められていたときに、一筋の小鳥のさえずりを、波の、さざ波の音を、木々の風の吹き抜ける音を聞いたときの感動を、あなた方は味わったことがありますか?  あなた方はあまりにもそういう幸せに慣れすぎていて、感動することを、感謝することを忘れている。幸せというのは何かをつかまえたり、物質的なものをつかまえたからといって幸せがあるのではないのです。自分がおかれているささやかなことでも感謝し、それを感動をもって、人生の中で愛を人びとに振りまいて、神に感謝して、自らの神の子としての生きざまを、人生をかけて精一杯生き抜いていった者には、たとえどんなにみすぼらしく見えた生涯があったとしても、本人の心の中は、幸せと感動で、震えているのです。」 以上、きれい・ねっと 出版「スピリチュアルメッセージ集51 ヘレン・ケラー」(アマーリエ著)  より抜粋致しました。 皆さまこんにちは、レムリアルネッサンスのミオと申します。 私は切迫早産のため、約5か月病院での入院生活を送ったことがありました。 立っていいのはトイレと洗面のみ、そのほかはできるだけベッドで横になっていました。本などは読むのですが、それ以外の行動はできず、お腹の赤ちゃんの成長に一喜一憂する日々でした。 そんな毎日の中で喜びだったのは、美しい夜空、雲の形、雪など、窓の外の変化を見ることでした。普段元気に歩きまわれるときはなんの感謝もなく当たり前の光景でしたが、自由に動け、いろんなものを見ることができるということは、本当にありがたいことなのだと思いました。 妊娠期間が進んでくると、稀に主人に車椅子で押してもらいながら病院の売店に連れていってもらえました。病院の玄関を出て、新鮮な空気を吸ったとき、本当に心地よく、早く無事に退院して新鮮な空気をずっと吸っていたいと思いました。  入院中、お腹の子のために体はあまり動かすことができず、自分がふだん元気に健康に動けることのありがたみを感じました。また、看護師さんや医師の方がたに本当に毎日お世話になり、自分ひとりで生きているのではなく、周りの人から助けられ支えていただい

すべての経験は宝物

「みんな神の子なのです。  みんな輝けるのです。  でも、光の子として、神の子としての輝き方を忘れてしまっているのです。  それをもう一度人びとに提示していく、教えてあげる。  それをするにはどうするか。  あなた方一人ひとりが神のメッセンジャーとして、真にその人生をかけてトータルな言葉、トータルな生きざま、行動、それを通して真に神の子とはどうやって生きるべきかを、あなた方が表さなくてはいけません。」(アウグスティヌス)   以上、きれい・ねっとより出版の『スピリチュアルメッセージ集75 アウグスティヌス』(アマーリエ著)P35より転載   皆さま、こんにちは。レムリア・ルネッサンスの友香(ゆか)と申します。 私は、20代前半のときに、うつ病になりました。社会に出てこれからというときでした。 周囲の人と自分を比べ、自分はだめなんだと、とても落ち込みました。 とにかく、病気をなんとかしなくてはと、色々な精神世界の本を読み、たどりついたのが神理でした。   しかし、努力をしても、私はなかなか根本的に変われませんでした。 よくなったと思ったら、また落ち込んだり、寝込んだり、浮き沈みは続いていました。 そんな自分を、私はいつも責めていました。   思うように生きられないストレスから、感情的になって、主人に当たってしまうこともあり、そんな自分がますます嫌になるのでした。...

愛を学ぶために

「ほかの霊人がおっしゃられておられますように、七割、八割の方の幸せは、今小桜が申し上げた言葉で十分救われていくのです。そして、この地上の人生の意味が変わってくるのです。」 (小桜姫) 以上、きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集55  小桜姫」(アマーリエ著)p64より転載 みなさま、こんにちは。レムリア・ルネッサンスの朝月真理と申します。 私の祖母は認知症です。発症してからもう10年が経ち今は何も分からず寝たきりです。 私は帰省して祖母に会う度に、「おばあちゃん、大丈夫だよ、私たちの本当の姿は魂で、この世に愛を学ぶために生まれて来たんだよ。何も怖がることはないよ。あの世は幸せな世界だよ。」と心の中で話しかけます。 でも、母にはなかなかその事を話せないままでいました。祖母の認知症が進まないようにと一生懸命思い出させようとしたり、運動させたり、そんな母の必死な姿を見ていたからです。 レムリア・ルネッサンスの書籍を何冊か渡したことはあったのですが、「霊的な事は何だか怖い、よく分からない。」と言っていました。 3年ほど前のお正月、私が実家に帰省した時、母が「お母さん、また白髪が見えてきたねぇ、染めようねぇ。」と話しかけているのを聞いて、私は思い切って「もう染めなくてもいいんじゃないかな、そのままのおばあちゃんで。」と話してみました。 母は一瞬とまって、そのまま黙ってしまいました。一生懸命な母に申し訳ない事をしてしまった、身近な人にこそ、何かを伝えるということが、どんな風に伝えたらいいのか、とても難しいものだと感じました。そして何となく気まずいまま実家から戻ってきました。 その年の夏休み、子どもたちを連れて帰省すると、祖母の髪の毛は真っ白になっていました。髪の色が違うだけでこんなに違うのかと驚くほど、真っ黒に染めていた時よりも、白髪でにこにこ笑っている祖母は随分老けてみえました。 母が「染めるのやめたんよ。もうこんなにおばあちゃんやったんやねぇ。私はいろいろ必死やったけど、でもこっちのおばあちゃんのほうがいいねぇ。それに、よく分からんけど死んでも終わりじゃないんやろう?あの世もあるんやろう?」と言ったので私が驚いていると「何か、桜の姫さまが、書いてあったでしょう、まだよくは分からんけど。」と言うのを聞いて、涙が出ました。母も泣いていました。 神理に気づくきっか