出産

「出産におきましても、男女の出会いにおきましても、すべて神のご意志に組み込まれた中にあります。 出産による痛みも、もし安易に産んでしまったのならば、どうでしょう。今でもあれだけ痛い思いをして十月十日抱えて産むにもかかわらず、子どもを平気で捨てていき、殺してしまう母親たちが、今います。 あの痛みがなかったなら、もっともっと安易に子どもを産んで、イヌ・ネコのように産み捨てることでしょう。あの痛みにも意味があるのです。」 (玉依媛命) 以上、徳間書店より出版の「アマテラスの祈り」(アマーリエ著)(玉依媛命)P225~P226より転載 皆さま、こんにちは。 レムリア・ルネッサンスの宇佐見祐加と申します。 私は0歳児を育てている主婦です。 「出産は痛そうでこわいな。私に耐えられるのだろうか」 幼い頃からテレビで出産シーンを見るたびにそう思っていた私は、帝王切開を経験しました。 出産は、鼻からスイカを出すようなものと言われるくらい痛みを感じるものです。 帝王切開は麻酔をするので痛くないと思われていることもあるかもしれませんが、お腹を切るので術後は痛み止めを飲んでいても痛いです。 術後の翌日には血栓予防のために、痛みに耐えながら産院の中を歩く必要があり、またお腹を切った痛みの他に後陣痛による痛みも加わります。 一人ひとり身体は違い、痛みにも個人差がありますが、いずれにしても出産は痛いことには変わりありません。 私の場合は、妊娠中に大きくなってしまった子宮筋腫が産道を塞いでいて、出産の際に赤ちゃんが苦しくなってしまう可能性が高いということで、赤ちゃんのためにも帝王切開をすることになりました。 麻酔を打ちましたが、あまり効いていない状態でした。 赤ちゃんがお腹の中にいるので追加の麻酔を打ってもらえずに、そのままの状態で赤ちゃんを取り出すことになりました。 お腹を切られるのも痛かったけれど、それ以上に赤ちゃんを取り出すことが痛くて仕方ありませんでした。 本当に痛くて、泣き叫びながらの出産になりました。...