許されるありがたさ

「自らも赦されて生きてきた魂なのです。そういう人生であられたと思うのです。であるのならば、あなた方が知らないところで、どれだけ多くの赦しの中に、あなた方が生かされてきたということを思い、隣人たちの罪も、やってしまったことも赦してあげましょう。」(聖母マリア) 以上、きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集76 大天使サリエル・聖母マリア」(アマーリエ著)P107より抜粋いたしました。 皆さまこんにちは。レムリア・ルネッサンスの横須賀 由美子と申します。 私には年の近い弟が二人いますが、私は子どもの頃、その二人の弟をさんざんいじめてきました。 特に上の弟には、年子で生まれているので母親を取られたという思いがあり、弟がベビーベッドで寝ている頃から、手を伸ばしてひっかいていたくらいでした。 小学校の時も、弟に対していじわるな言い方をしたり、弟が学校で使うノートを破ってしまったこともありました。 成人してからも、私は言い方がきつかったり怒ったり、全然優しくない嫌な姉でした。 20代の半ば頃、やっと自分のしていることに気付き、今までの弟に対しての過去の行いを心から反省した時、涙が止まりませんでした。 自分のしたことが本当に辛くて、人に傷つけられるよりも、人を傷つけるほうがよっぽど辛いと、身に染みて思いました。 心の中で「ごめんね、ごめんね」と、何回言っても足りないくらいでした。 その反省のあと、私は弟に対する態度を変えました。 それから数年後、勇気を出して弟に「今まで本当にごめんね」と謝ったところ、二人とも「昔のことだからもう忘れたよ。だからもういいよ」と言って、許してくれました。 許してくれると思っていなかったので、とても驚きました。 私は涙が出て、許されることはこんなにもありがたいことなんだと実感しました。 弟が私を許してくれたように、私も、何かがあってもできるだけ相手を許していけるようになりたいと思います。 そして、こうした自分に自覚のあることだけではなくて、自分の知らない、気が付かないところでも、いろいろとたくさんの迷惑を、まわりにかけて生きてきたんだと思います。 それを許されて生きてきた、そういうことを忘れずに日々生きていきたいと思います。 お読みいただき、ありがとうございました。

神の子本来の美しさ

「自分以外の方がたの幸せを祈り、自分を投げ捨てて、 多くの地上の人びとの、神の子たちの幸せのために生涯をかけて生き続ける。 それをもって、わたくしたちは神の子としての内在された神性の中において、 愛というものに感動し、愛というものに共鳴して、ほんとうに幸せであるということを感じ、実感するのです。 神の子であるとは、そういうことなのです。」 (ヘレン・ケラー) 以上、きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集51 ヘレン・ケラー」(アマーリエ著)P55より転載 みなさまこんにちは。 レムリア・ルネッサンスの白石まゆと申します。 普段私は看護師をしておりまして、 先日ご高齢の患者さまから黄色い一輪のお花をいただきました。 「いつもありがとう」と手渡してくれたそのお花は、 ストローでできた茎に緑の画用紙が巻かれ、 花びらは一枚一枚丁寧に、薄い色紙で作られていました。 私はそのお花をいただいたことが本当に嬉しくて、 「大切にします」とお伝えし、白衣のエプロンにつけて仕事をしていました。 すると、どの患者さまのお部屋に行っても、 皆さんそのお花を見て笑顔になってしまうんです。...