ありのままの母を受け止める

「愛を感じ、多くの方がたの気持ちに立ったとき、そして、それをどのようにしたら、多くの人びとに伝えていけるかと心を砕いたときに、その相手を一切裁くことなく、ありのままにて相手の全存在を受け入れ、そして、ともに励まし合い、慰め合っていく。トータルに相手のすばらしき神の子としての神性を受け止め、いとおしみ合う。その時に、私はいたわりとともに、癒しというのがあるのだと思います。」(聖母マリア)
以上、きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集76聖母マリア」(アマーリエ著)P101より転載致しました。

みなさま、こんにちは。レムリア・ルネッサンスの「さちと申します。
81歳になる私の母のお話をさせていただきます。母は、お花を育てたり野菜を作ることが好きで、父と一緒に家庭菜園をして暮らしています。去年、圧迫骨折で腰を痛めてからは、さらに腰が曲がり以前のようには体が動かせなくなりました。年齢とともに自転車にも乗ることができなくなり、ほとんど外出しなくなったせいか、愚痴を言うことが多くなりました。

昔を思い出しては「あの時こうすればよかった。ああすればよかった」と後悔し、自分は不幸な人生だったといいます。そんな時私は、「でもね、気持ちを切り替えて心の持ち方を明るい方に向けていこうよ。前向きにいこうよ」と話すのですが、「わかってる」といいながらもネガティブな思考からなかなか抜け出せずにいます。母は、家族という人間関係の中で、理不尽だったことや心が傷つけられたことを受け止められず、今も苦しんでいるようでした。

私は、どのようにしたら母の心が癒されるのだろうか、母を幸せにしてあげられるのだろうかと考えていました。そのときに、聖母マリア様の「一切裁くことなく、ありのままにて相手の全存在を受け入れ」というメッセージにふれました。私は、母の今の思いを理解することなく、話を十分聞くこともなく、「昔のことにいつまでもとらわれるのは良くないよ」と裁いていたことに気づきました。
愚痴を言えるのは娘しかいないと母はいいます。それならば、ありのままの母を受け止めて、母の話に耳を傾け、満足のいくまで話を聞いてあげようと思いました。
他の人にしたらたわいもないことですが、母にとっては、昔の話を聞いてもらい共感してもらうことで、心が癒されていくのだと思います。

今まで一生懸命育ててくれたことへの感謝の思いで接していくとともに、母が幸せになるようにできるだけのことをしてあげたいと思っています。