出産

「出産におきましても、男女の出会いにおきましても、すべて神のご意志に組み込まれた中にあります。
出産による痛みも、もし安易に産んでしまったのならば、どうでしょう。今でもあれだけ痛い思いをして十月十日抱えて産むにもかかわらず、子どもを平気で捨てていき、殺してしまう母親たちが、今います。
あの痛みがなかったなら、もっともっと安易に子どもを産んで、イヌ・ネコのように産み捨てることでしょう。あの痛みにも意味があるのです。」
(玉依媛命
以上、徳間書店より出版の「アマテラスの祈り」(アマーリエ著)(玉依媛命)P225~P226より転載

皆さま、こんにちは。
レムリア・ルネッサンスの宇佐見祐加と申します。
私は0歳児を育てている主婦です。
「出産は痛そうでこわいな。私に耐えられるのだろうか」
幼い頃からテレビで出産シーンを見るたびにそう思っていた私は、帝王切開を経験しました。
出産は、鼻からスイカを出すようなものと言われるくらい痛みを感じるものです。
帝王切開は麻酔をするので痛くないと思われていることもあるかもしれませんが、お腹を切るので術後は痛み止めを飲んでいても痛いです。
術後の翌日には血栓予防のために、痛みに耐えながら産院の中を歩く必要があり、またお腹を切った痛みの他に後陣痛による痛みも加わります。
一人ひとり身体は違い、痛みにも個人差がありますが、いずれにしても出産は痛いことには変わりありません。
私の場合は、妊娠中に大きくなってしまった子宮筋腫が産道を塞いでいて、出産の際に赤ちゃんが苦しくなってしまう可能性が高いということで、赤ちゃんのためにも帝王切開をすることになりました。
麻酔を打ちましたが、あまり効いていない状態でした。
赤ちゃんがお腹の中にいるので追加の麻酔を打ってもらえずに、そのままの状態で赤ちゃんを取り出すことになりました。
お腹を切られるのも痛かったけれど、それ以上に赤ちゃんを取り出すことが痛くて仕方ありませんでした
本当に痛くて、泣き叫びながらの出産になりました。
「痛くて辛いけれど、赤ちゃんのために、この痛みにも耐えなければ!がんばれ私!耐えてみせるー!私はこの子のお母さんなんだー!」と心の中で思っていました。
赤ちゃんを取り出し、赤ちゃんが大きな産声を上げました。
医師や助産師さんに「おめでとうございます!元気な男の子です!」と言われ、ほんの一瞬だけ赤ちゃんを見せてもらいました。
「あぁ、やっと産まれた!赤ちゃん可愛い!痛かったけれど、やっと会えたね!赤ちゃんもがんばったね!」と思いました。
本来でしたら、産んだ直後に頬と頬の触れ合いがあるはずでしたが、麻酔があまり効いてない状態で産んだため、痛みでそれどころではなく、一瞬だけ赤ちゃんを見せてもらってから、すぐに全身麻酔をし、子宮筋腫摘出手術をしました。
全身麻酔から意識が戻ると、また激痛が襲いました。
病室に戻ってからやっと追加の麻酔を打ってもらい、普通の会話が出来る状態に落ち着きました。
まさか麻酔が効かないまま手術をするなんて、思ってもいませんでした。
数時間後、助産師さんが病室に赤ちゃんを連れて来てくれて、赤ちゃんを腕枕させてもらいました。
赤ちゃんの身体はとても柔らかくて繊細で小さくて、一挙手一投足すべてが可愛かったです。
まるで夢でも見ているような気分にもなりました。
出産から数日後、麻酔科医から謝罪と事情説明がありました。
麻酔の効き具合は個人差があって、打つ場所・打つ量なども一人ひとり違い、実際にやってみないと効くかどうかは分からなく、私の場合は麻酔を打つ場所が良くなかったようで、あまり効かなかったようです。
私はどうして麻酔が効かなかったのか分からなかったので、事情が分かり少しほっとしました。
大変痛かったけれど、麻酔科医も「痛い思いをさせてしまった」と心を痛めたのではないかと思いました。
私は今回大変な思いをしたけれど、赤ちゃんが無事に産まれてきてくれて、本当に良かったと思いました。
赤ちゃんが無事に生まれてきてくれたことを神に感謝しました。
赤ちゃんは本当に可愛くて、あやすと腕の中で眠る姿や、母乳やミルクを飲む姿も愛おしく、オムツ交換も一日に何度もして大変だけれど、その一つひとつが今までの人生で味わったことのない経験で、女性としての幸せを感じられました。
うちの主人は、「僕も赤ちゃんを産んでみたいな。出産の痛みも味わってみたいな。でも僕は男性だから、それは出来ないんだよね」と言っていました。
どんなにがんばっても、妊娠・出産は男性には出来ないことです。
妊娠・出産というこんなに素晴らしい経験をさせていただき、女性に生まれて本当に良かったなと思いました。
ずっと嫌がっていた出産の痛みも、女性の特権だと、今では思っています。
帝王切開なので、このメッセージで言われている陣痛の痛みとは違うかもしれませんが、
私にはこの出産の痛みは、神様からの「神の子を大切に愛深く育ててくださいね」というメッセージのように感じました。
神が、まだまだ未熟な私に対して、他の人よりも強い痛みを与えることで、未熟な私にでも、大変な育児を乗り越えることができるようにされたようにも感じました。
そう思うと、あの痛みも神様からのエールだったのかもしれないと思いました。
子育てをしていく中で気力も体力も必要で大変だなと思うことも多々あり、不安になることもしばしばありますが、子育てによって心も身体も日々鍛えられていて、あの痛みも私には必要な経験であり、無駄なことではなく、意味のあることだと感じています。
今日は、私がベッドで横になっていると、子どもも私と平行に顔を傾けて私の顔を覗き込んで、にっこり笑ってくれました。初めての経験でした。
「なんて可愛いのだろう!」と愛おしく思い、子どもの成長もまた嬉しかったです。
何気ない日常かもしれませんが、私にとっては宝物です。
これからも神様からお預かりした子どもの幸せを願いながら、大切に育てさせていただきます。
子育ての経験、喜びを与えてくれた、子どもと主人と神様に感謝しています。