問いかけながら生きる

「わたくしたちは皆、地上に生まれたとき、愛が何であるかということを学ぶために、そのために生まれてくるのです。愛を理念だけではなくて、愛あふれる行いとして、人生の中でどのように生き切ることができるか。他者の痛みというものを我が痛みとして、その他者の痛みを少しでも自らの言動で軽くし、その人の幸せに何かひとつでも貢献できる道を探すことができたであろうかと、そのように問いかけながら日々を生きる。それを愛ある人生であると、わたくしは思うのです。」(聖母マリア
 
以上、きれい・ねっとより出版された、「スピリチュアルメッセージ集65 聖母マリア」(アマーリエ著) P19より転載致しました。
 
皆さま、こんにちは。レムリア・ルネッサンスの愛美(あいみと申します。
私は、先日、初めて主人とカトリック系の養護施設に子どもたちのお世話をさせていただきました。広い敷地の中に乳児院、保育園、高齢者介護施設などたくさんの福祉施設があり、当日は、2~4歳児が暮らすホーム園のお手伝いに入りました。最初は緊張していたのですが、子どもたちに笑顔で接するようにしていると、少しずつ馴染んでくれ、一緒に遊んでくれるようになりました。子どもたちが段ボールで作ったソリで芝すべりをしたり、手をつないで歌をうたいながらお散歩したりしました。お昼になると、神さまにお祈りをして、みんなで食事をしました。
 
そのとき、仲良くなった一人の女の子が、「大切なものを見せてあげる」と言って、タンスの中から蓋(ふた)のついた小さなプラスチックの容器を持ってきました。「これは何?」と聞くと「最初はチョコレートが入っていたの。全部食べて無くなったけどとてもいい香りがするよ。嗅いでみて」と言って、私に空っぽの容器を渡してくれました。蓋を開けるといい香りがしたのですが、「すぐ蓋を閉めて」と言うので、理由を聞くと、「前の誕生日のときにお母さんからもらったものなの」と教えてくれました。女の子にとっては、空の容器であってもお母さんとの大切な思い出が詰まった宝物だったのだと気づきました。本当は、いつもお母さんの傍に一緒にいたいという思いをもって施設で暮ら す子どもたちの心情が少しわかったような気がしました。
 
帰り際に、園長先生から、職員の皆さんたちは実の親の代わりになれるぐらいに、子どもたちに深い愛情をもった関わりあいをして、育てていくことを目標にこれまで努力をしてきたということ。そして、養護施設には、毎日のように、たくさんのボランティアが入り、食事の支度や洗濯、買い出し、物品などの寄付を通じて子どもたちへの支援が行われているということを教えていただきました。
 
その話を聞いて、私は、改めてこれまでの自分の子育てを省み、本当に精一杯の愛情をもって、抱きしめて子どもたちを育ててこられたのだろうか、そして、いつも自分の心配ごとだけにとらわれ、周囲に無関心で生きてきたのではなかったのかと反省しました。「他者の痛みを少しでも自らの言動で軽くし、その人の幸せに何かひとつでも貢献できる道を探す」という神理の内容は私にとっては高いハードルです。けれども、今後の人生のなかで、愛の実践をしている多くの方々の背中を見て学び、一歩ずつ前へ歩んでいくことができたらと思っています。