家庭は安らぎの場

「女性がお皿を洗うから、男性も洗わなくてはいけない。女性がおむつを取り替えるから、殿方に対してもおむつを取り替えなければ、あなたはいけないと、そのような見解が繰り広げられているのが、アメリカ文化の今流れをくんだ現代の若いカップルに多いのです。それを見ていて、疲れて帰って来た男性たちに、ガミガミとそのようなことを言ったときに、男性が本当の意味で、男性の仕事としてのエネルギーを蓄えられるか。家庭というものは安らぎの場でございます。安らぎの場に争いを持ち込んでしまっている現代の女性たちの姿がいるのです。」(木花開耶媛命)

以上、きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集58 木花開耶媛命」(アマーリエ著)P36より転載致しました。

皆さま、こんにちは。レムリア・ルネッサンスのあかねと申します。

以前、職場で残業をしていたとき、同僚の男性がポツリと言いました。「あー、今日は木曜日だから、俺がお皿を洗う日だあ」と。聞くと、共働きのため、夫婦で曜日ごとに皿洗いの当番を決めていて、自分が夜、外食することになっても、流し台のお皿を洗うのだそうです。夜まで頑張って働いている彼の姿を見ているので、「それは大変だね」と言うと、「ほんと、憂うつですよー」と言っていました。
共働きだと、家事のやりくりが大変ですので、夫婦で話し合って役割分担するのは必要なことでしょう。ただ仕事中にそのことを思い出し、家に帰るのがおっくうになっている彼の姿は、ちょっとかわいそうでした。お皿を洗わないと、奥さんに「約束が違うじゃない」と言われてしまうのでしょうか。

木花開耶媛命様は同じメッセージの中で、男性は陽のエネルギーであり、ご自分の才能、叡智を通して、社会を積極的に変えていく使命を神様から与えられているとおっしゃっています。そして女性は陰(いん)のエネルギーであり、「内助の功」という言葉があるように、その愛ある献身的な姿により、男性をますます光らせる役割を与えられています。女性の献身的な愛を受けて、男性は本来の素晴らしい力を発揮できるのです。神はそれぞれに役割と期待を込めて、男女をつくられたのです。

私はこのメッセージを学ばせていただき、家庭が安らぎの場であるように笑顔を忘れないでいよう、そして主人が仕事においても、人生においても、花開いていくように支えていきたいと思いました。もちろんできていなくて反省することも多々ありますが、主人や子どもたちが生き生きと毎日を過ごし、家庭でくつろぎ、笑い合っていると、私も幸せになります。
子どもがまだ小さいので、家事でも、朝のゴミ出しなど、主人に手伝ってもらっています。家庭によって事情は様々でしょうし、日常の役割分担に「これが正解」というものはありません。夫婦で助け合っていくのが、何より神の望まれていることだと思います。ただそのときに、神から与えられた女性としての役割、使命をしっかり自覚して、家族を温かく受け止め、家庭を愛で光らせていきたいと思うのです。