愛の思いで装うということ

「美で彩るために、神は女性をつくられました。
ささやかな思いやりです。
この愛の星を彩るのは、花々の美しさだけではないのです。
年齢だけでなく、種族も関係なしに、女性は美というものを表現していく。
装うということをもって、周りの方がたに対するいたわり、励まし、生きる希望というものを与えることができる。それが、女性を本来おつくりになった、神が期待されたエネルギーでもあるのです。」(月意識セレニティ)
以上、徳間書店より出版された、「ガイアの祈り 光ある愛の星にアセンション」(アマーリエ著)のp115より転載致しました。

皆さま、こんにちは。レムリア・ルネッサンスの実果(みか)と申します。
私は、娘がまだ幼く子育てに忙しくしていた頃、毎日の身だしなみについて、次第に無頓着になっていきました。汚れても気にならない地味な色合いのトレーナーと動きやすいジーンズ。それが私の定番スタイルでした。そんなある日、娘が言いました。「お母さん、毎日ぼろぼろの格好だね」娘からそんなふうに見られていたなんて、私はショックでした。とっさに、「だって、一緒にお砂場で遊ぶとき汚れちゃうでしょう」と言いましたが、娘は納得した様子ではありませんでした。なぜなら、公園にいるお母さん方は、華美ではなくても、お洒落に気をつかっている方ばかりだったからです。

それからしばらくして、レムリアの集会に初めて親子で参加した日のことです。一緒に電車に乗っていた娘が、「きれい。きれい。いつもこういう格好すればいいのに」と、言いました。私が着ていた色鮮やかなニットやアクセサリーに、まるでとても大切なものに触れるかのようにそっと指をすべらせて、にっこり微笑みました。その時、母親がどのような装いでいるのか、娘の心に影響を与えているということを初めて知りました。

身だしなみを整えることは大人に対する礼儀として必要なことだと、単純に考えていました。そしてセレニティ様のこのメッセージに出合ってからは、一緒にいる方や周囲の方がたを思いやる気持ちを持って、単に外見だけに気を遣うのではなくて、心が安らぐような装いになっているだろうか。そのようなことに思いをめぐらせて身だしなみを整えるようになりました。装うということは愛の表現の方法のひとつであるということ、そして、それは大人だけでなく子どもに対しても同じであるということを我が子に教えられた出来事でした。