自分を大切にして生きる

「大調和の中には、常に自らを、自らの人生というものを卑下することはありません、自分自らの、自らでなくてはやれないことの力というもの、可能性というもの、人生を大切にするということ、いとおしむということ、楽しむということ、それを、すべてをわかった者であればこそ、他者の命の尊さというもの、他者の者たちが持つ価値観を尊重しなくてはいけないということ。そして、ほかの者たちの命をけっして踏みにじってはいけな
い。人生を押さえ込んではいけない。ともに尊重し合い、ともに切磋琢磨し、ともに生かしむる、そういう力というのがわくのが、大調和の原理でもあるのです。」(老子)

以上、きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集66 老子」(アマーリエ著)P52より転載致しました。

皆さま、こんにちは。レムリア・ルネッサンスの「さち」と申します。
私は幼い頃から内気な性格で、周りの人からは、「おとなしいね」といつも言われていました。小学生になっても人と話すことが苦手で、友達の輪の中に入る勇気のない自分が嫌いでした。何事に対しても自信がなく消極的で、明るく積極的な人を見るとうらやましく思いました。

結婚後、長女が小学2年生の頃、社会に出て働きたいと強く望むようになりました。消極的な自分を変えたいという思いと、誰かに認めてほしいという気持ちもあったように思います。家族の理解を得て、給食関係の会社で働くことになりました。
いくつかの病院や施設で働かせていただく中で、いろいろな方々に出会いました。ときには、自分が納得できない出来事に悔しい思いをしたり、相手の方の意見に対して自分の考えを説明したけれども、わかってもらえなかったこともありました。人間関係がスムーズにいかないことが時々あって、その都度自分の中のネガティブな感情にとらわれることがありました。このように対人関係の中で、お互いの考え方や意見の違いを受け止め合うことの難しさを感じましたが、人との接し方について学ぶことができました。

人手不足のため残業が多く厳しい状況の中、一生懸命頑張りましたが、家庭との両立ができなくなり会社を辞めることになりました。
退職後しばらくして老子様のこのメッセージに出会い、「大調和の中には、自らを卑下することはありません」という言葉が私の心に残りました。欠点のある不完全な私だけど自分を否定することはない、誰かに認めてほしいと頑張ることはないんだと心の底から納得した時、何かほっとしたような気持ちになりました。対人関係でうまくいかなかったのは、自分だけの狭い視野で物事を見ていて、相手の方の立場や考え方を理解していなかったからだと気づきました。

みんな神様からつくられたかけがえのない個性を持つ神の子なのだから、たとえ価値観の違いがあってもお互いに尊重していくことが大切だということを学ばせていただきました。これからは人との出会いの中で、心を開き、思いやりをもって接していけるよう心がけていきたいと思います。そして今、私が本当に望んでいるのは、家族が理解し合って暮らすことであり、周りの人達とも尊重し合ってみんなで幸せになっていきたいなと思います。