自分を守らないこと

「だから、とにかく裸になっていく。この間から何度も言われていることですが、自分を守らないでいようとすることが、最も早く強くなっていく、進化していく道だということです。恐怖心を持って、いろんなものから自分を守ろうとか、欲の中で自分だけが、という思いで自分を飾ろうとすると、進化発展が遅れてしまうのです。
だから、ほんとうに愛一色に―――。それが神の子であるということなのです。」(アマーリエ)
以上、徳間書店より出版の「アマテラスの祈り」(アマーリエ著)P249より転載。

こんにちは。レムリア・ルネッサンスのたまきと申します。
私は一時期、主人の仕事の関係で海外で暮らしていたのですが、しばらくの間ほとんど言葉がわからず、ひとりで外に出るのも人と会うのも不安でとても憂鬱でした。

引っ越した当初4歳だった息子もやはり言葉には困っており、現地の幼稚園に通い出したばかりのころは「みんなが何を言っているかわからないから幼稚園に行きたくない」と言って泣いたこともありました。
でも息子はそれからどんどん言葉を覚えていきました。

「すごいなぁ」と思って見ていると、息子は不格好でも間違っていても、誰かが聞いていても誰もいなくてひとりのときでも、かまわずよく喋って遊んでいました。
その一方で自分自身を振り返ってみると、私は「うまく話せない」とか「間違えたらいやだな」、「通じなくて返事がもらえなかったらどうしよう」と、そんなことばかり考えていつも話すことから逃げていました。
そして当然ですがあまり進歩もありませんでした。

そのとき私は、それまでもずいぶんこうして失敗や間違うこと、傷つくことを恐れて自分を守っていたんだなということに気がつきました。
今思うと、無意識のうちに枠からはみ出すことを恐れ、それでも自分自身でありたいという思いとの葛藤の中で動けずにいたのかもしれません。
でもこの神理と出会えたことで、 ありのままの自分というものを信頼して表現していきたいと思うようになりました。

それから、拙い言葉でも少しずつ周りの人にあいさつをしたり、話かけてみたり、できることからするようにしてみました。
そうしているうちに、以前なら人から声をかけられないよう、逃げるように近所の前を通り過ぎていたのが、人と会って話をすることが次第に楽しくなっていきました。
また、満足に話せなかったとしてもあまり気にならず、そのうちに自然と言葉数も増えていきました。

もしかしたら、まず自分自身であろうとすることで、それを表現するために必要なものというのは自然とついてくるものなのかもしれません。
なのでもっと自分の思いに正直に生き、その思いをちゃんと表現していきたいなと思います。