親子の縁を通して魂を高め合う

「親子という関係を通して、まあ、夫婦というのは血がつながっていないので、今は安易に離婚というのができましょう。でも、親子はどうでしょうか。自分の分けた子です。血を分けた子です。父親にとっても、母親にとっても、自分の血を分けた子ではありませんか。そうするしがらみのなかで、たとえ投げ出してしまいたいと思うことでも、必死に人間は留まって、何とかその関係を通して成長し、折り合いをつけてうまくやっていこうとするのです。やろうとする、その投げ出さないということを通して、魂は成長し合うのです。高め合うのです。」

きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集68 マリア・テレジア」(アマーリエ著)P55より転載

皆さん、こんにちは。レムリア・ルネッサンスの小夏と申します。
私の父は、7人兄弟の長男で祖母は一番下の子を産んだときに、亡くなっています。
祖父は、酒癖が悪く子どもの世話をあまりしなかったため、父が親がわりのように兄弟の世話をしていました。父が結婚してからも、兄弟たちは家族で来たりしていましたが、独身の弟も近くに住んでいたので、食事などの世話を母がしていました。

父は私が中学生の頃には、アルコール依存症のため入退院を繰り返し、いろいろな病気も併発したためその後は、自宅に戻ってくることはなく、療養所での生活になりました。
そんな中、母は父の弟と関係を持つようになっていき、父とは離婚しました。

その後、母は叔父と再婚し経済面で生活を支えてもらっていましたので、
私は母と叔父の関係を受け入れざるを得ませんでした。

私にとって家庭はやすらぎの場とは言えず、日が経つにつれて母に対して嫌悪感が募っていきました。「どうして、私はこんな親の元に生まれたんだろう」と、うらめしくさえ感じていました。
叔父は無口でもくもくと仕事をする人でしたが、私が24歳で結婚した年に事故で亡くなりました。
叔父が亡くなってから母は体調をくずし、精神的にも不安定になり病院通いの日々になっていきました。

私自身が地元で結婚したこともあり、何かにつけ父や母の世話をしてきましたが今は両親ともに亡くなりました。

両親が亡くなってから、レムリアの神理に巡り合い学ばせていただく中で、自分から両親にお願いをして産んでもらっているということを知りました。頭では理解できても父や母に対する思いはなかなか切り替えることができず、そんな自分を責めていました。

そんなとき、今年の春に初孫が産まれました。毎日のように遊びに来る孫の世話をするうちに、「ああ、母も私をこうして愛して大事に育ててくれたんだな」と、気づかされました。
私は子どもの頃身体が弱く、高熱を出したとき、医者に「もう、この子は助からない」と、さじを投げられたことがあると聞いたことを思い出しました。
きっと母が寝ずの看病をしつづけてくれたことで、私は一命を取り留めたのだと思います。

母は叔父との関係で間違った選択をしたかもしれないけど、「母さん、私を産んでくれてありがとう」と、素直に思えるようになりました。

私が今ここに肉体を持ちひとりの人間として生きていられるのは、母が私を産んでくれたからだと感謝の思いがとめどなく湧いてきました。
私は両親から多くのことを学び、成長させてもらっているんだと思います。
家族という逃げられない関係の中で、お互いが傷つきあいながらも、赦していくことを自分の課題としてきたのかもしれません。
両親と縁を持てたことに感謝し、これからの人生を歩んでいきたいと思います。