「永遠の時の流れからみたのならばこの肉体を持つ時などは、ほんとうにトータルしてもわずかな時なのです。
あなた方の大半は、天上界にいることのほうが長いのです。でも、この地上で肉体を持っているということ、そのことを思ったのならば、あなた方はこの地上での経験を無駄にしてはなりません。
地上は、自分の全人生をかけて愛を体現するところです。愛が何であるかということを、体を張って学ぶべきところなのです。」(墨子)

以上、きれい・ネット出版 スピリチュア・メッセージ集64巻(アマーリエ著) P31より転載致しました。

みなさま こんにちは。 レムリア・ルネッサンスの秋野稲穂と申します。
今月、仕事仲間のAさんが結婚を前提とした引越しのため退職することになりました。Aさんと私は親子ほど年が離れていますが、事あるごとに報告し合ったり、業者さんや店舗間との交流会を計画し、開催し合う仲でした。
出会いと別れ-。必要な時に必要な人と出会い、関わり合いながら経験と学びを重ね、やがて新たなステップへ進むために離れ離れになることがあります。別れのときは一抹のさみしさや不安を感じることもありますが、お互いにエールを交換し合い、希望に向かって歩み始めていきます。彼女と知り合って約3年。一緒に仕事をしたのは半年弱と本当にわずかでしたが、かけがえのない日々を過ごせたことに感謝しています。もしかしたら今世ではもう会うことはないかもしれません。しかし、お互いに人生を終えたあかつきにはあの世で再会し、よもやま話をしたいと思っています。この世でできた貴重な。もしかしたら既にあってこの世で再会していたのかもしれませんが、いずれにしても魂にとってというものは、自分で考えている以上に深いものなのかもしれないと思いました。

はいいものだけではありません。何かしらの原因で長年ギクシャクしたり、しこりが残ったままの人もいます。転勤や引越しなどで関わることがなくなると、正直ホッとすることもありますが、それはあくまでも一時的なもの。この世でができたということは、この世よりも長くいるあの世で再び会う可能性もあるかもしれません。そのときに複雑な気持ちで会うのは嫌なので、この世にいる間に修復できるものはしていこうと思ったことがありました。この世は思いの世界であるあの世とは違い、肉体を通して経験ができる世界なので、「チャレンジできるのは今しかない」と。「この人、この環境のおかげで私は愛を学ぶことができるんだ」と考え方を変えて、避けていた相手に歩み寄ってみようと意識しはじめました。物事への見方や考え方が変わると状況も変化していきました。相手も話しかけてくれるようになり、コミュニケーションが取れたことで、今まで部分的にしか見ていなかったことを申し訳なく思うことも多々ありました。

天上界のメッセージで、相手を許すこと、違いを認め合い、尊重することも愛だと学びました。そして、誰かを許すことは自分も許すことになるということも知りました。相手と分かり合えることでそれまでに抱いていた緊張感がほぐれ、気持ちが楽になっていったのは、そんな自分を許すことができたからなのかもしれません。

ここ数年、「神理を学ぶ中でどれだけ心が救われてきたのだろう。」と思うことがあります。私もあととどれくらい生きられるのかはわかりませんが、天上界のメッセージを腑に落とすことができるように、手足の動くうち、自分で物事の考えられるうちにいろいろと経験を積んでいこうと思っています。