受けとめる力

こんにちは。レムリア・ルネッサンスのいちごです。
4月から新しい環境になられた方もいらっしゃると思いますが、そろそろ緊張していた心や体がほぐれてくる頃ではないでしょうか。
中には慣れたと思っていたら五月病のようになってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

五月病は、環境の変化に心や体が馴染めず不調になってしまうことです。

実は私も以前に五月病のようになってしまい、精神的に辛い思いをしたことがあります。
自立しなければと思い、上京して一人暮らしをすることにしたのですが、一気に変化した環境になかなか馴染めませんでした。
数ヶ月が経ったころ私は家から出られなくなり「このままではおかしくなってしまう」と思いましたので、仕事を辞めて実家へ戻ることにしました。
上京する時に世話を焼いてくれた友人たちや、送り出してくれた前の職場の方々、そして何より家族に会わせる顔がないと思い、自分を責めていました。
ですが実家の家族や地元の友人たちは、私に何も聞かずただ快く受け入れてくれました。
特に母は私のことをほんとうに気遣ってくれていたのだと思います。
もしかしたら、特別に気遣っていたのではなく、ただ普通に接してくれただけなのかもしれません。
ですが、一緒にスーパーへお買い物に行ったり一緒に食事を作ったりするという、以前と同じ日常生活を送ることができたことで私の心は癒されていきました。
自然の多いところへなるべく行くようにして、たまには友人たちと映画やライブなどにも行きました。
そうやってのんびりと生きているうちに徐々に心が前向きになっていきました。
全てにおいてやる気がなかった状態から頑張ろうと思えるようになり、仕事にも行けるようになりました。

この時のことは、今でもとても感謝しています。

今振り返ってみますと、傷ついた私を家族や友人が何も言わずただ受けとめてくれたことが、とても大きかったと思います。
それは、レムリア・ルネッサンスの「女性の法」でいわれている「受容性」で私が癒されたということだと思っています。
受容性について「私たち女性は、神の愛の受容性という、陰の意識のエネルギーである」と言われています。
相手をありのままに受けとめて、癒し本来の力を蘇らせて羽ばたかせていくことができるのが陰のエネルギーですよ、ということですね。

私の家族や友人はその力を発揮して私を癒し羽ばたかせてくれたのだと思っています。

渦中にいる時はとても辛かったのですが、同じ経験をした方の気持ちを理解できるようになった貴重な経験だったと思っています。
神理に出会っていなければこのようには思わなかったでしょうし、受けとめてもらえることで癒されるということにも気づけなかったと思います。
神理を知り学ばせていただいたことで、多くの気づきと喜びをいただきました。
これからは以前の私と同じように苦しんでいる人に出会ったら、私が受けとめてもらったように、同じように受けとめ羽ばたかせてあげられるようになりたいと思っています。
それが私をここまで導き見守ってくださった方々への恩返しになると思っています。