家庭は愛の巣

こんにちは。レムリア・ルネッサンスの市ノ沢あかねです。

うちの小学3年生の娘は、朝、学校に行くのを泣いて嫌がる日がよくあります。とはいえ、学校に行ってしまえば元気に過ごしているようで、家に帰ってくると、いつも「ただいまー」と元気な声で、玄関にランドセルを置いたまま、すぐ友だちと遊びに行きます。
娘は、人間関係に不器用なほうで、自分の言いたいことを言えなかったりして、ストレスをためてしまうこともたまにあるようです
なぜ学校に行きたくないのか尋ねると、友だちから言われたひと言を理由に挙げたりするのですが、どれも言った側にすれば他意のないものばかりで、娘が気にしすぎているのが問題のようです。
そんなときは、「そうじゃなくて、こういう意味だったんだと思うよ」と話をしたり、励ましたりしています。

朝、あまりに嫌がるので学校を休ませたある日、先生が心配してうちまで寄ってくださることになりました。
娘は先生を慕っているので、「どうしよう」と言いながらも、お気に入りの服に着替えたりしてドキドキしているふうでした。
先生がいらして、マンションのロビーで、その日学校であったことなど話してくださって、「明日、これるといいね」と声をかけて先生が帰られました。

先生を見送ったあと、娘が、「のどが渇いた。お茶ちょうだい!」と、慌てて言うのです。
「どうしたの、急に」と聞くと、「緊張しすぎて、のどがカラカラ。お茶、お茶!」と言いました。

親の私からすれば、ちょっとした世間話を和やかにした程度だったのですが、娘からすれば、先生がうちにいらして、しかも元気なのに学校を休んだことへの後ろめたさもちょっとあって、とにかく緊張していたようなのです。
外から見れば、にこにこ話を聞いてうなずいているように見えたのに、心の中ではそんなふうに感じていたんだなあ、そこまで気づいてなかったなあと思わされました。
考えてみれば、学校でも友だちとコミュニケーションをしながら、緊張したり、傷ついたり、全身でいろんなことを感じて体験して、その中で成長しているんだなあと思いました。

そう考えると、ほんとうに改めて、家庭というのは安らぎの場であるんだと思いました。
家に帰ったらホッとできて、ありのままの自分でくつろげる。母親として、そういう家庭をつくりたいと思いました。

娘が学校から帰ってきたとき、「ただいまー」と明るい声なのも、たんに学校が楽しかったというわけではなく、学校での一日をやり終えたという達成感と、家に帰ってきたという安心感、解放感があるからなんだと思いました。

女性のもつ受容性のエネルギーで、ありのままを受け止められることで、子どもたちは疲れを癒し、本来の力を取り戻し、また次の日、元気に外の世界に飛び立っていくことができます。家庭における母親の役割はとても大きいと実感します。

子育てしていると、時間や約束を守らなかったり、自分勝手な行動をしたりしたとき、ついガミガミ言ってしまいますが、必要なことは必要なこととして、感情的にならず、ちゃんと教え諭しながら、何より子どもがくつろげる家庭、愛の巣というものをつくっていくことが大切なんだと思いました。

私自身、まだまだできてないことも多く反省する毎日ですが、こうした貴重な学びをさせていただけることにとても感謝しています