スタッフブログ

子どもの成長を見守ること

「家庭の中において、魂を、新たな子どもたちを、神の子たちを授かりながら、預かりながら、その子どもたちの世話をしながら、愛しながら、その魂の成長を望んで、その彼らがその苦労の中で、苦しみながら乗り越えて一人前になっていく姿を、手を出さずに見守る。時には手を出してしまうほうが簡単なことはたくさんあるのです。手を出したくても出さない。見守っても手は出さない。それがどれだけ愛として、尊いかということ。」 (日向) 以上、きれい・ねっとより出版された、「スピリチュアルメッセージ集60 日向」(アマーリエ著)のP70より転載致しました。   皆さま、はじめまして。レムリア・ルネッサンスの「なまる」と申します。 私には、息子が二人います。7歳になる長男は、幼稚園の頃から少林寺拳法を習っていて、楽しく通っていました。ところが、このところ長男が一人で遊んでいることが多く、理由を聞いたら「友達がいじわるをしてくる」と言います。どうやら長男は周りに合わせず、自分勝手に遊んでしまうので、友達から嫌がられてしまったようです。 長男の態度が気になった私は「お友達の言うこと、ちゃんと聞いてる?」など、長男にあれこれ細かく注意してしまいました。そのあと、ふと長男の気持ちを聞いていないと思って「嫌だったら、無理して拳法に行かなくてもいいんだよ」と話しました。 そうしたら、長男が「嫌なことなんて、いくらでもあるよ。そんなことぐらいでやめるわけないじゃん」と言い、私は驚きました。 まだ小さいから、いろいろ教えてあげなくてはいけない、悲しい思いをしてほしくない、苦労してほしくないと思って、口出ししていました。でも、その思いはやりすぎであり、かえって長男の成長を妨げるものであったと反省しました。 それからは口出しすることなく、長男が乗り越えることを信じて、じっと見守ることにしました。2か月過ぎた頃、メンバーが変わったこともありますが、いつの間にか、長男はまた友達と遊ぶようになっていました。私が手を出さなくても、長男は友達との関係の中で、大切なことを学び、成長をしたんだなと思いました。 長男はまだ幼く、これからもいろいろなことがあるでしょう。けれど、その苦しみ、悲しみを乗り越えて社会に飛び立っていけるように、これからも愛を持って見守り続けようと思っています。

未来をつくる神の子

「新たな地球の未来を、人類の未来をつくっていく神の子たち、その未来の神の子たちを、どのようにしてすばらしい子どもたちとして育み、育てていくか、羽ばたかせていくか、そのことが、ある意味でお母様の、その女性として母性をいかに表現をしていくか、その愛で包んでいくかということにかかっているのだということ、そのことをもっと深く認識していただきたいと思うのです。」 (日向) 以上きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集60 日向」(アマーリエ著)P22より転載 みなさんこんにちは、レムリア・ルネッサンスの愛美(あいみ)と申します。 私は、6年前、東日本大震災を経験し、自分の住んでいた地域が被災地となったのをきっかけとして、神理を求めるようになりました。 神理を学び、私達は輪廻転生をくりかえす永遠の命をもった神の子であること、子どもは、お互いに愛を学びあうために、あの世で親子となることを約束して縁を結んだ、神様からの預かりものだということを知りました。そして、子どもには子どもの自由意志があり、親とは違う個性をもった尊い神の子であること、母親は、受容性で子どものありのままの個性を受け止めて育てていく責任があるということも知りました。 当時、私は、落ち着きがなく、とてもやんちゃな自分の子どもに対して、母親としてどのようにして子育てをしてよいのかがわからず悩んでいることが多くありました。友人の子どもと比較して、どうして自分の子どもは、こんなに手がかかるのだろうと、子育てに自信をもてずにいました。 けれども、神理を学び、母親として、無償の愛で子どもたちの個性を尊重していこう、その先の神の子としての無限の可能性を広げられるように精一杯やってみようと、子どもとの向きあい方をかえていきました。 学校でトラブルを起こしてしまったときなどは、すぐに頭ごなしに叱るのを止めて、「母親として、無条件にあなたのことを愛しているよ」ということを伝え、そして、何がいけなかったのかを話すようにしました。また、たとえ失敗するだろうとわかっていても、本人が納得して選択した意思や想いをできるだけ尊重するようにしていきました。夫にもよく相談し、一緒に協力しながらすすめてまいりました。 小学生だった子どもも今では中学生になり、自分の選択に対して責任を持つ、ということがわかるようになってきました。そして私自身は

すべてが今の自分に必要な学び

「今あるということ、今ある現実というのは、すべてが今の自分に必要であるから、学びの場が与えられているということなのです。今、ある人生の中において、いる恋人を、そして結婚相手を、子どもたちを、ほんとうに幸せにし、感謝をし、本当の意味で幸せにしていこう、男性として、女性として、どのような務めを本来は学ぶべきなのか、していくのかということをしっかりと学ばれて、それを卒業なさっていかれたのならば、必ずや次の来世の転生においては、その先のもっともっと魂の、もし違えばですよ、違う相手であった、パートナーではない人と一緒になっていく多少の苦しみがあったとしたのならば、次の転生においては、もっと、より魂の波動に近い、自分の魂に縁の近い方とご一緒になっていく、そのようなことを許されていくということなのです。」 以上、きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集63マヌ」(アマーリエ著)P33より転載 こんにちは。レムリア・ルネッサンスの「小梅」と申します。 私は神理に出会った頃から、その喜びと同時に主人との価値観の違いに悩み始めました。神理を受け入れてもらえず、共に活動できない寂しさから離婚を考えた時期もありました。 しかし結婚というのは互いの学びのために、生まれる前に2~3人の魂と約束をし、そのうちの一人と結ばれているそうです。そう思うと主人とも約束の上で巡り会い、価値観の違いがあってもそれを受け入れ、愛する学びをさせて頂いているのだと思います。 分かり合えない部分がありながらもそばにいてくれて、子育てや経済面だけでなく、精神的にも支えてもらっています。本当にありがたいことです。そう心から思えた瞬間から今の生活がとても愛おしく感じられるようになりました。 「魂のパートナー」というのは元々一つの魂が成長のために男女に分けられたものです。それぞれが別の相手と一緒になり、多くの愛を学ぶことで魂の輝きを増した後、再び一つに戻ることができます。それはたくさんの学びを終えた後の感動の再会です。その再会はいつの日かの楽しみとして、今は今世頂いたこのご縁に感謝をし、家族が健康で笑顔のあふれる毎日を過ごせるように精一杯務めたいと思います。  

ありのままに

「皆さま方も、言霊、そして全存在をもって、あなた方の神の子として、愛の度数を試されているのであると、逆にそういう逃げも隠れもできない時代が来るということ。  でもそれがね、真に美しい姿なんですよ。別にその度数が低いから、高いから、他の人と比べて高くまたなろうとか、そのようなおかしな、今の偏差値のようなことを、思わないでくださいね。あなた方の納得した姿、ありのままの自分でいいんですよ、ということを言っているのです。  形に無理して背伸びをしなくていい、自分自身の愛の豊かさをありのままに表現して、あなた方自身であってくださいと、そしてそれに伴う真の美しい形態というのが、外側ににじみ出てきますよ。愛の方向にさえ努力していればということを、申し上げているのです。」 (天照大神) 以上、徳間書店より出版の「アマテラスの祈り」(アマーリエ著)P117より転載 こんにちは。レムリア・ルネッサンスの「たまき」と申します。 以前の私は、ありのままの自分でいるなどということは考えられませんでした。 自分の欠点ばかりに目がいき、自分のことを好きになれず、つい周りと比較をしてみては落ち込むこともよくありました。 せっかく誰かが褒めてくれても「この人が優しいから褒めてくれるんだ」と、やはり素直に受け入れることはできませんでした。 そのうちに、自分が自分を受け入れない限り、状況はなにも変わらないということがわかりましたが、それでもすぐに自分を信頼できたわけではありませんでした。 しばらくして神理と出会い、私たちはもともと愛と可能性に満ちた神の子であるということを知りました。 この神理を知ったことで、「未熟なところがあってもいいんだ。そういうところも含めて自分なんだ」と、ようやく自分自身を受け止めることができました。 そして心を開いて、もともと自分自身のなかにある愛の思いを、精いっぱい表現していくことが大切なんだと思うようになりました。 自分を好きになれなかったころは、誰かを思う余裕もありませんでしたが、これからはありのままの自分を受け入れて、愛と感謝の思いで生き、今度は自分だけでなく周りの方々へも愛を届けていけるようになりたいなと思います。

恋のときめき

「自分の心の中のときめきが、その相手の存在との関わりを通して、惹きつけ合う、学ぶべきことがお互いにあるという、磁力の法則のようなものでいっとき出会っている。  だからそのすべてのその出会いを、大事にして下さい。二人が出逢えたことに感謝をしなさ い。その中で愛ができたら育んでいきなさい。そしてそこから、愛の本来の奥深い、深みが始まるのですよと。そういうことを『恋愛』という文字の中に、その自然な思いの流れの中に、神はわたしたちに、そういうおつな喜びといいますか、幸福感というものを埋め込まれているということなのです。」 (玉依媛命) 以上、徳間書店より出版の「アマテラスの祈り」(アマーリエ著)P220より転載 こんにちは。 レムリア・ルネッサンスの「レイ」と申します。 私は、親の不仲を見て育ったということもあり、結婚に期待が持てず、ひとりで仕事に生きる人生を想像していました。 恋をしている方々を「後でどんなにつらい思いをするかも知らないで…」と冷めた目で みていましたし、自分は結婚しないのだから恋をする必要はないと思っていました。 しかしその後神理に出会い、私たちは何度も生まれ変わりながら、この世に愛を学ぶために生まれてくることを知りました。 そして恋というものは、神様が私たちに与えてくださった喜びであり、愛を学ぶためにがんばりなさいと送られてくるエールのようなものだということを知りました。 恋という感情を「そんなもの」と思い、馬鹿にしていたのですが、大切にするべきありがたいものだったのかと自分の考えの間違いに気づかされました。 そしてその後、「恋のときめき」を実感することがありました。 なぜか相手の方のことを何度も思い出し、どうかしたのか と思うほど胸や頬が熱くなり、ぼうっとしてしまいました。 いつもの調子で否定的なことを思いそうになりましたが、「恋」の本来の意味を教えて頂きましたので、一歩踏み出すことができました。 今は、その方から少し連絡をもらうだけで、幸せの感覚があふれてきます。 ひとりでいる時はそれなりに楽しんでいたつもりでしたが、こんなに幸せを感じられるものだとは思いませんでした。...

人と比べることなく

「世の中で不幸の種というのは、自分を他の方と比べることによって、不幸だ、不幸だと握り締めてしまうことにあるのです。でも他の方と比べることは、何の意味もないのです。 あなたの現在というものは、あなた自身が幾万回、ほんとうに数えられることのないほどの回数の中の、ご自分の転生の結果として今があるのです。それを望まれて、この日本に、この地に生まれてこられたということです。ですからこの結果については、すべてを感謝を持って受け入れましょう。」 (木花開耶媛命) 以上、徳間書店より出版の「アマテラスの祈り」(アマーリエ著)P197より転載 皆さま、こんにちは。レムリア・ルネッサンスの「ことり」と申します。 誰にでも一つくらい、自分の好きでない所やコンプレックスがあると思います。また他の人と比べて自分は不幸だと、そう思うこともあるかもしれません。 私自身はというと、幼い頃から自分の体型や容姿・学力・病気など様々なことについて、周囲と比べてコンプレックスを持っていました。 「どうしてこんな家に生まれたんだろう」「どうしてこんなに苦しいんだろう」という思いから、両親や環境を恨んだこともありました。 ですが、それら全てが自分で選んだ結果だと知った時、ショックではありましたが、正直少しほっとしました。 誰かのせいで不幸なのではなく、自分の選択の結果として今の現状があるのならば、今後はどのようにでも自分次第で変えていけるのではないか、と前向きに捉えることができたからです。 そうすると、怒りや恨みに使っていたエネルギーが、少しずつポジティブなものに変わっていきました。 「あの時辛い経験をしたから、同じような人の気持ちがわかるんだ」「悩んだ分だけ今に生かされている」そう思うことができるようになりました。 今でも落ち込むことはあります。でも少なくとも、周囲の人や環境のせいにすることはなくなりました。 そして何より、誰かと比較してではなく、今の自分自身に対して幸せを感じられるようになりました。 幸せを感じる時、同時に感謝の想いも湧いてきます。 その感謝の想いを周囲の人に返していけたらと思っています。

恋から愛へ

皆様こんにちは。 私はレムリア・ルネッサンスの「うさぎ」と申します。 本日私からご紹介させていただく天上界からのメッセージはこちらです。 「恋は一瞬で激しく燃え上がっていくかもしれません。でもその中において、燃え尽きて(愛が)現実に伴わなかったとき、お互いに愛という、育み合うという思いを忘れたときには、恋が恋だけで終わってしまう。だけど、踏み出して勇気を持って、愛を学ぶために人生をがんばっていただきたいと思います。  でもそのあとに来ること、それはお互いに、今度は愛し続けていくという、ちょうど恋愛で始まり、結婚愛に至るように、互いにいいところも、悪いところも受け止め合い、認め合って、その中で、お互いの素晴らしい神性を育み合っていく。絶え間なく続いていく、終わりなき愛の始まりというものが、今度は愛の中にあるのです。  愛というのは、静かなものかもしれません。情熱的なものではないかもしれません。でも、その中で、お互い育て合っていくという思い、その愛の循環、男女の結びつき、生かし合い、そのことを学ぶ。それがある意味でいうと、男女にとって、いちばん必要なメインイベントのところであるのです。」 (玉依媛命) 以上、徳間書店より出版の「アマテラスの祈り」(アマーリエ著)P209より転載 以前の私は、互いに育み合うという視点を持っていませんでした。 相手の悪いところが見えると、その度にショックを受けていました。 恋に恋をしている状態だったのかもしれません。 相手に愛されることばかりを望んでいたかもしれません。 でも、神理を学んでいくにつれて、私もお互いの神性を育み合いたい、認め合いたい、尽くしたい、愛し合いたい、と思うようになりました。 今、私は主人と、お互いにいいところも悪いところもすべて丸ごと愛し合い、お互いの良い部分を引き出し合う関係になりました。 主人には未熟なこんな私と結婚してくれたことに感謝しています。 拙い自分かもしれません。 でも、自分の出来る限り、主人のサポートをし、尽くすよう努めています。 主人も、いつも幸せだと言ってくれています。 これからも、主人の幸せの為に、がんばりたいと思います。

子供は一人ひとり素晴らしい可能性を持った花の種

皆さま、こんにちは。 レムリア・ルネッサンスの「和合」と申します。 いつも「なでしこルネッサンス」をご覧いただきありがとうございます。 天上界からのメッセージと、そのメッセージから感じたことをお伝えさせていただこうと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 「子どもには子どもの転生があり、子どもの修行があり、この地上に生まれて来た目的があるのだという、その個性を尊重したところにおいて、その子どもの命というものを花開かすために、一時育てさせていただき、そして、その子の適性、個性を磨き、見つけて、社会に向けて羽ばたかせていく、そのような役割が親であるということ。それは子どもにとっても、親を選ぶことでありますが、親にとっても、子どもの親になることを通して、親は親になっていき、そして、人生の修行を、魂を磨くというありがたい体験をさせていただくというのが親になるということなのです。」 (マリア・テレジア) 以上きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集68 マリア・テレジア」(アマーリエ著)P34より転載 私は子供が三人おります。三人もいると、スポーツの得意な子、勉強が好きな子、自分のことは自分でするといって、親の手があまりかからない子であったり、一人ひとりの個性も考え方もそれぞれ違って、子育てをしてたくさんのことを学ばせていただきました。 子どもはみんなそれぞれ一人ひとり素晴らしい可能性を持った花の種であると思います。 その花をつぶさずに、持っている個性を伸ばしてあげたり、時にくじけそうなときには支えてあげたり。 その花にたくさんの愛情を注げば、まっすぐに伸びることでしょう。 子どもには子どもの人生があります。神様から一時お預かりした大切な宝です。 私の子供たちも今では社会人になりました。仕事で疲れて帰ってくるときもあるでしょう。そしてまた新たな出会いもあることでしょう。 これからいろんな悩みも出てくると思います。仕事のことで落ち込んだり、人間関係でつまずいたり、そういうときにでも、体を休めてあげられるように、そしてまた社会に羽ばたかせてあげられるように、励まし、癒し、あたたかく見守っていきたいと思ってます。

幸福感の原点は家庭から

皆さま、こんにちは。 レムリア・ルネッサンスの「いちご」と申します。 本年より、一週間に一度、私たちレムリア・ルネッサンスの婦人部メンバーが担当させていただくことになりました。 どうぞよろしくお願いいたします。 私からご紹介させていただくメッセージはこちらになります。 少し長めですがお付き合いください。 「男性というのは、ある意味で子どものようなところがあるのです。だから、ひじょうに誇りが高いけれども、ひじょうに女性に腐されると、あっという間に縮んで、だめになってしまうというところも持っております。その時に、「さあ、あなた。すばらしいお力を持っているのですよ。頑張ってください」と、心から愛と激励と励ましを、もしその方に、ご自分のご主人様たちに捧げたのならば、その男性は世界中の富や地位や名誉をもらうよりも、その自分を励ましてくれる妻のために、命がけに自分が社会に出て頑張って来ようと、奮い立つのではないでしょうか。それが殿方であられるように思うのです。 そして、その頑張る姿を見て喜ぶ、それが女性の喜びであり、幸福であると、幸せであるということ。」 (木花開耶媛命) 以上、きれい・ねっとより出版の「スピリチュアルメッセージ集58 木花開耶媛命」(アマーリエ著)P31より転載 私は夫と二人で暮らしている普通の主婦です。 小さい頃から気が強いところがあり、相手が男性でもズバッと言い過ぎてしまうことも多々ありました。親兄弟に対しても言いたい放題で、随分傷つけてきてしまったと思います。 神理を知り、天上界の女神様方からのメッセージを最初に知った時は、軽くカルチャーショックのような状態でしたが、不思議と拒否感はありませんでした。 今は夫を受け止めていくことを心がけています。 疲れて帰ってきた日はねぎらい、相談ごとは一緒に考え、家を出るときは笑顔で送り出す。 もちろん嫌々やっているのではなく、心からそうしたいと思ってやっています。出来ない日もありますが、それを積み重ねていくと本当になんとも言い表せない幸福感に満たされるのですね。 まだまだ「ちゃんと出来ています」と言える自分ではありません。 落ち込んだり悩むこともありますが、これからも夫と二人、明るく楽しくいたわりあいながら暮らしていきたいと思っています。 平和な社会は、平和な家庭から。...

誰もがみんな神の子

皆様、こんにちは。 いつも「なでしこルネッサンス」をご覧いただきありがとうございます。 私はレムリア・ルネッサンスの飛鳥と申します。 今日から週に1度、レムリア・ルネッサンスの婦人部メンバーが、天上界からのメッセージに加えて日常の話や思ったことなどをお伝えしようと思います。 どうぞ気楽にお付き合いください。 本日のメッセージはこちらです。 「みんなそれぞれ神の子としての愛の思い、愛のエネルギーを満々とたたえています。絶対に一人として同じ方はいない。それぐらい尊く気高いものです。この思いに正直に生きて、この思いを表現するために生きていく。そうしたならば、社会はおのずと変わってきます。」 (アマーリエ) 以上、徳間書店より出版の「アマテラスの祈り」(アマーリエ著)P249より転載 私はこのメッセージを自分の中で受けとめられたとき、ほかの人を見る目が大きく変わりました。 みんな同じ神の子なんだ。 この世で一緒に愛を学び、愛を表現しようと思って生まれてきた仲間なんだ。 そう思ったら、どの人もみんなとても愛おしい存在になりました。 ときには相手の言うことに腹が立ったり、この人イヤだなと思うこともあります。 でもそういうときに、みんな「神の子」であることを思い出すと、気持ちが楽になって冷静に受け止められるのです。 以前、ずっと「イヤな人」だと思っていた人がいました。 でも「この人だって神の子なんだ」と思って、愛と尊敬の思いを忘れずに接していくうちに、その人のいいところがたくさん見えてきました。 どんなに悪く見える人だって、みんな神の子だし、愛をの思いをたくさん持っています。 それに気づく人がどんどん増えていったら、きっと愛に満ちた世界に変わっていくのでしょう。...