スピリチュアル・メッセージ

科学と信仰

カイトロン 2004年9月18日の霊言

カイトロン

紹介動画

メッセージの一部を動画で紹介しています

霊人紹介

カイトロン


17世紀の英国にて、物理学者、数学者、天文学者として活躍した。近代科学における最大の科学者の一人として知られている。万有引力や運動の法則を発見し、古典力学を完成させるなど、近代科学の発展にとって不可欠の業績を残した。「世界の人たちに、私がどのように見えるのか、私は知らない。しかし、私自身にとって、私は浜辺で夢中になって遊ぶ少年のように思われる。私は、時々なめらかな小石や普通より美しい貝殻を見つけては無邪気に喜んでいる。しかし、真理の大海は、すべて未発見のまま私の前に横たわっているのだ。」とニュートンは自分自身のことを書き記している。また、「私がさまざまな発明や発見をすることができたのは、私自身の力ではなく、過去の偉大な先人達の遺産によって、すなわち、巨人の肩に乗っていたからこそ、普通よりも遠くを見ることができたのだ。」との言葉が伝えられている。ニュートンは、終生、「謙虚さと勤勉さ」を座右の銘としていた。
役割分担:銀色光線(科学)、科学技術を担当。
転生等について:オリオン座の星から招聘、カイトロン→クートフーミー→ピタゴラス→アルキメデス→ニュートン