参加者の声

〜 過去のセミナープログラムとアンケート 〜



過去に開催した なでしこセミナー


開催履歴
第8回 2018年7月22日(日) 東京 開催
第7回 2018年3月25日(日) 大阪 開催
第6回 2017年11月19日(日) 福岡 開催
第5回 2017年7月23日(日) 東京 開催
第4回 2017年3月19日(日) 名古屋 開催
第3回 2016年11月6日(日) 東京 開催
第2回 2016年6月26日(日) 東京 開催
第1回 2016年2月27日(土) 東京 開催

- 第8回 -

2018.7.22

東京 開催


プログラム

第1部 レムリア・ルネッサンスと女性の法のご紹介
レムリア・ルネッサンスがめざしているもの、その活動の内容についてご紹介するとともに、女性の法はどういうものかについて、その概略をお伝えします。
第2部 日向様のメッセージ「天上界から女性たちへのエール」
私たちは神の子で、神の愛の光を分け与えられています。「これまでは、それを宝の持ち腐れにしてきた」と言われています。一人ひとりが自らの愛のエネルギーに忠実に生きていったとき、世の中はおのずと変わってくるのです。女性として自らの愛の原点に戻り、神の子として自分の愛の思いに忠実に生きること、豊かな個性を開花させること…。日本神道の女神である日向様の指導を受けながら、アマーリエがお話しした内容をご紹介します。
朗読劇 出生前検査、どうしよう!?
初めての妊娠に胸躍らせる美咲。そんなとき、医者から胎児に異常があるかもしれないと出生前検査を勧められ、思い悩みます。じつは美咲は生まれる前に、ある女性と親子の約束をしていたのです。「障害児として生まれるあなたの母親になりましょう」と…。神理を分かりやすく楽しい朗読劇でお伝えします。
第3部 女性の法5か条 〜第3条 因果の法〜
この大宇宙は「あらゆる出来事には原因がある」という法則で貫かれています。いまある状況は、すべて自分で選んだことの結果であり、すべてが自分の学びに必要なものなのです。レムリア・ルネッサンスに降ろされた「女性の法5か条」の第3条「わたくしたちに与えられた永遠のときは、因果(いんが)の法、原因があり結果があるという、その法則で貫かれている」についてお伝えします。

参加者の声

朗読劇などがありとてもおもしろかったです。あっという間の時間でした。「祈り」素敵ですね!! これまでも祈っていましたが、これからもがんばります。愛の波動で地球が満たされますように!!(女性)

美しく、やさしく、力強いお話をありがとうございました。女性に生まれて本当に良かったです。感動させていただき、ありがとうございました。(女性50代)

朗読劇、何度も見ていて内容も知っているのに同じところで感動します。(女性30代)

とても感動しました。どの方のお話も朗読劇も包みこまれるような優しさと圧倒的な愛のようなものを感じ聴き入ってしまいました。私も与えられた場所で精一杯愛を表現していきたいと思いました。(女性)

- 第7回 -

2018.3.25

大阪 開催


プログラム

第1部 レムリア・ルネッサンスと女性の法のご紹介
レムリア・ルネッサンスがめざしているもの、その活動の内容についてご紹介するとともに、女性の法はどういうものかについて、その概略をお伝えします。
第2部 玉依媛命様からのメッセージ「宇宙時代に向けての恋愛論」
日本神道の女神である玉依媛命様は、「地球における男女の関係というものが、これから大いに変わっていく」とおっしゃっています。これまで女性たちは、時代や宗教、慣習の中で束縛され、また逆にその ような形に守られることを望んで生きてきた面がありました。今、次のステップに踏み出すときです。恋愛とは、結婚とは、自分に正直に生きるとは?本来の男女のあり方を見つめてみましょう。
朗読劇 出生前検査、どうしよう!?
初めての妊娠に胸躍らせる美咲。そんなとき、医者から胎児に異常があるかもしれないと出生前検査を勧められ、思い悩みます。じつは美咲は生まれる前に、ある女性と親子の約束をしていたのです。「障害児として生まれるあなたの母親になりましょう」と…。神理を分かりやすく楽しい朗読劇でお伝えします。
第3部 女性の法5か条 〜第2条 母性〜
神はすべての女性に母性の力を与えられました。その力は、自分の子どもに限らず、ありとあらゆるものをいとおしみ、育み、開花させていく力です。レムリア・ルネッサンスに降ろされた「女性の法5か条」の第2条「わたくしたち女性は、転生輪廻を繰り返し、永遠の命の中で学ぶもっとも大切なテーマは、すべての存在を生かし育むという母性の愛を学ぶということである」についてお伝えします。

参加者の声

自分が責任を持って1日1日を大切に愛を育み合い、学びだけでなく実践することだと感じました。ありがとうございました。(女性)

朗読劇がすごかったです。感動しました。演者の方々が思いをこめてやっているのが伝わってきました。ありがとうございました。(女性30代)

核戦争の恐怖、第三次世界大戦の不安にどうにもならないものを感じていましたが、正午の母性の祈りで変えていくことが出来ると信じています。実践してゆきます。(女性)

朗読劇とても興味あるものでした。お若い方がたはしっかり神理を学ばれること素晴らしいですね。(女性80代)

- 第6回 -

2017.11.19

福岡 開催


プログラム

第1部 レムリア・ルネッサンスと女性の法のご紹介
レムリア・ルネッサンスがめざしているもの、その活動の内容についてご紹介するとともに、女性の法はどういうものかについて、その概略をお伝えします。
第2部 木花開耶媛命様のメッセージ「女性の法について」
このメッセージは、第3部で毎回ご紹介している「女性の法5か条」が、天上界から降ろされたときのものです。女性の生き方の根本的な指針である女性の法がこの文明で明確に説かれたのは、この時が初めてでした。この女性の法によって、地球の半分を占める女性たちにほんとうの意味で幸せになっていただきたい・・。日本神道の女神様方の切なる思いをお伝えします。
朗読劇 出生前検査、どうしよう!?
初めての妊娠に胸躍らせる美咲。そんなとき、医者から胎児に異常があるかもしれないと出生前検査を勧められ、思い悩みます。じつは美咲は生まれる前に、ある女性と親子の約束をしていたのです。「障害児として生まれるあなたの母親になりましょう」と…。神理を分かりやすく楽しい朗読劇でお伝えします。
第3部 女性の法5か条 〜第1条 受容性〜
受容性とは、相手のありのままを受け止める力です。女性が相手のありのままを受け止めることで、男性たちや子どもたちも、本来の神の子の姿に清められ、よりいっそう素晴らしい力が発揮できるようになります。レムリア・ルネッサンスに降ろされた「女性の法5か条」の第1条、受容性についてお話しします。

参加者の声

素晴らしいセミナーでした。もっと多くの方々に伝わるといいです。いつも読んでいる本の文面でも、ほかの女性の方から聞くとまた新たな発見がありました。

様々な視点により気づきを頂きました。大変わかりやすく、心に響いてきました。朗読劇も素晴らしかったです。ありがとうございました。(男性)

講師の方々がご自身の体験、経験をもとに女性性についてわかりやすく話され、とても感動しました。これからもっと家族のために愛を与える人となりたいです。ありがとうございました。

話し手の皆さまそれぞれの思いが伝わってきました。素晴らしいお話をきかせていただきありがとうございました。朗読劇も感動いたしました。(男性30代)

講師の方の体験談は思わず涙が出て感動いたしました。すべてが学びなんですね。あらためてそう思いました。(女性60代)

- 第5回 -

2017.7.23

東京 開催


プログラム

第1部 レムリア・ルネッサンスと女性の法のご紹介
レムリア・ルネッサンスがめざしているもの、その活動の内容についてご紹介するとともに、女性の法はどういうものかについて、その概略をお伝えします。
第2部 小桜姫様のメッセージ「人びとの幸せのために生きること」
小桜姫様は、戦国時代の初めに武将の妻として生涯を過ごされた、とてもかわいらしい女神様です。祈りについて、そしてあの世からこの世に生まれてくる意味について、わかりやすくお話しくださっています。そのメッセージをご紹介します。
朗読劇 ただいま妊活中
40代を目前にして、早く子どもが欲しいと焦る美樹。いまいち乗り気ではない夫にも協力を求め、今後の不妊治療に思いをめぐらせます。そんなとき、隣に引っ越してきた50代の夫婦に幼い娘がいることから、美樹は「高齢出産かしら」と思うのですが…。神理を分かりやすく楽しい朗読劇でお伝えします。
第3部 女性の法5か条 ― 第5条 補助者 ―
「内助の功」といわれるように、男性が本来の力を発揮するためには、女性の愛あふれる献身的な支えが必要です。女性が家庭の中の太陽となり、笑顔と母性で夫や子どもたちを受けとめ、愛あふれる家庭を築くとき、地球は愛の星に生まれ変わるのです。レムリア・ルネッサンスに降ろされた「女性の法5か条」の第5条「女性は陽の意識の男性の補助者として、やさしさと笑顔で愛をあらわしましょう」についてお伝えします。

参加者の声

神理を知ることで人生の意義を知り、目的を知り、使命を知る。これを知ることで本当のこの世のあり方を生き方を・・・生きていくことができるようになって人生がとても豊かになりました。「愛」を生きる、各自どう生きるか人生の問題集ですね。(女性)

皆さまの言葉一つひとつにより強い光が宿り、聞いている人たちの心を明るく照らしてくれるような、そんなふうに感じました。自分ももっとこの人生を、一瞬を大切にしたい。そんなふうに思える素晴らしい内容でした。(女性30代)

素晴らしかったです。わかっているつもりでもわかっていなかったこと、たくさんありました。女性の心は、女性だからこそ伝えられるんですね。女性どうしが手をつないでいけば、本当に世界は替えていけると思います。感動をありがとうございました。(女性30代)

たいへん勉強になりました。朗読劇、素晴らしかったです。神理がわかりやすく、自分も実践していこうと思いました。ありがとうございました。(男性40代)

- 第4回 -

2017.3.19

名古屋 開催


プログラム

第1部 レムリア・ルネッサンスと女性の法のご紹介
レムリア・ルネッサンスがめざしているもの、その活動の内容についてご紹介するとともに、女性の法はどういうものかについて、その概略をお伝えします。
第2部 日向様のメッセージ 「現代日本における家庭のあり方」
日向(ひむか)様は、一般には邪馬台国の女王である卑弥呼として知られています。さまざまな家庭問題の原因は、女性が自らの本質を見失っていることにあると指摘され、女性が愛ある家庭を築くことこそ、地球の未来をユートピアにする道であると励ましておられます。そのメッセージをご紹介します。
朗読劇 出生前検査、どうしよう!?
初めての妊娠に胸躍らせる美咲。そんなとき、医者から胎児に異常があるかもしれないと出生前検査を勧められ、思い悩みます。じつは美咲は生まれる前に、ある女性と親子の約束をしていたのです。「障害児として生まれるあなたの母親になりましょう」と…。神理を分かりやすく楽しい朗読劇でお伝えします。
第3部 女性の法5か条 〜第4条 美〜
女性にとって美は大きな関心事です。でも、私たちのほんとうの姿は肉体ではなく魂です。その魂の美しさをみがき、この世において表現することが、女性の役割のひとつなのです。レムリア・ルネッサンスに降ろされた「女性の法5か条」の第4条「女性は美の使者として、その存在から美を体現すること」についてお伝えします。

参加者の声

今日はありがとうございました。今回沖縄から参りました。一度は参加してみたいと思い、今回叶うことができ、とても嬉しいです。(ハート)(女性)

大変良かったです。ぜひ男性向けのセミナー開催もお願いします。(男性)

素晴らしいセミナーで、とても感動しました。女性としてどう生きていくか、子どもに対して、パートナーに対して、学べてセミナーに参加できたことに感謝です。どうもありがとうございました。(女性30代)

本は読んでいますが、今日の包み込むような語り方は心にひびきます。女性ならではであり、なでしこセミナーならではの学びだと思いました。今の時代の女性の役割を生活の中で生かせるよう日々勉強して参りたいと思います。(女性)

第四条の美の話は納得でした。説得力ある!! 最後の祈りの説明も良かったです。素晴らしいセミナーでした。(男性40代)

- 第3回 -

2016.11.06

東京 開催


プログラム

第1部 レムリア・ルネッサンスと女性の法のご紹介
レムリア・ルネッサンスがめざしているもの、その活動の内容についてご紹介するとともに、女性の法はどういうものかについて、その概略をお伝えします。
第2部 木花開耶媛命様のメッセージ 2005年7月28日「女性として妻としての幸せ」
木花開耶媛命(このはなさくやひめ)様は、日本を長く指導してこられた女神のお一人です。本来の生き方を見失った現代の女性たちの現状を憂いながら、女性の本当の美しさについて、そして本来の女性のあり方について説かれています。そのメッセージをご紹介します。
朗読劇 出生前検査、どうしよう!?
初めての妊娠に胸躍らせる美咲。そんなとき、医者から胎児に異常があるかもしれないと出生前検査を勧められ、思い悩みます。じつは美咲は生まれる前に、ある女性と親子の約束をしていたのです。「障害児として生まれるあなたの母親になりましょう」と…。神理を分かりやすく楽しい朗読劇でお伝えします。
第3部 女性の法5か条 〜第3条 因果の法〜
この大宇宙は「あらゆる出来事には原因がある」という法則で貫かれています。いまある状況は、すべて自分で選んだことの結果であり、すべてが自分の学びに必要なものなのです。レムリア・ルネッサンスに降ろされた「女性の法5か条」の第3条「わたくしたちに与えられた永遠のときは、因果(いんが)の法、原因があり結果があるという、その法則で貫かれている」についてお伝えします。

参加者の声

どの女性のお話からも女性の法や神理に基づいた具体的に実践されているお話を聞けて、とても胸が熱くなりました。日常のひとこまひとこま、神理にそった生き方をしていきたいと思っています。また、この時代に女性の法を知り学ぶことが出来て心から良かったと思います。(女性)

現代は共働き家庭も多く、迷い悩みながら生活している女性がたくさんいます。これからもこのようなすばらしい教えを広めていってほしいと思います.朗読劇とても感動しました。ありがとうございました。(女性)

ご自身の経験を基に話をしてくださり、神理の話をより身近に感じることができました。(男性30代)

今回のセミナーも大変分かりやすくてよかったです。悩まれていらっしゃる方、今後自分自身どうしていけばよいのか分からない方の指針になるかと思います。ありがとうございました。

すっかり癒されました。みなさん自分の言葉で語られていてとても聞きやすく、分かりやすかったです。分かりやすかったと言えば、朗読劇はとても神理が分かりやすくすごく良かったです。演技も自然でクオリティが高かったです。(女性)

- 第2回 -

2016.6.26

東京 開催


プログラム

第1部 レムリア・ルネッサンスと女性の法のご紹介
レムリア・ルネッサンスがめざしているもの、その活動の内容についてご紹介するとともに、女性の法はどういうものかについて、その概略をお伝えします。
第2部 神理入門 ― 永遠の命をもつ私たち ―
私たちのほんとうの姿は魂で、あの世とこの世を行き来しながら、永遠に愛を学ぶ旅を続けています。人生の羅針盤としてお役立ていただける内容です。
朗読劇 結婚計画
私たちはこの世に生まれる前に、結婚相手の候補を決めてきます。無事、地上でそのお相手と結婚できるように、守護霊も本人にインスピレーションを送ったりして応援しています。一人の女性が神理に目覚めるまでの半生と、その守護霊の奮闘ぶりを、楽しい朗読劇でご紹介します。
第3部 女性の法5か条 〜第2条 母性〜
神はすべての女性に母性の力を与えられました。その力は、自分の子どもに限らず、ありとあらゆるものをいとおしみ、育み、開花させていく力です。レムリア・ルネッサンスに降ろされた「女性の法5か条」の第2条「わたくしたち女性は、転生輪廻を繰り返し、永遠の命の中で学ぶもっとも大切なテーマは、すべての存在を生かし育むという母性の愛を学ぶということである」についてお伝えします。

参加者の声

一つひとつテーマについて、自分の体験なども合わせて丁寧に説明していただいて、本は読んで知ってはいましたが、自分の人生に本当におとして、神理を生きていくことを考えさせられました。次も楽しみです。

母性の愛をもっともっと学びながら(家庭だけでなく地域の中で)愛深い者となっていこうと決意しました。ありがとうございました。

あたたかさを感じ、どのお話もすばらしかったです。少し疲れかかってきた頃、劇があって、また元気をもらいました。劇もすばらしかったです。今日は、今までの自分の人生を振り返ってみたいと思います。

朗読劇が一番わかりやすく、神理が学べたので、今後の結婚生活の上で勉強になり、学んでいこうと思いました。

- 第1回 -

2016.2.27

東京 開催


プログラム

第1部 レムリア・ルネッサンスと女性の法のご紹介
レムリア・ルネッサンスがめざしているもの、その活動の内容についてご紹介するとともに、女性の法はどういうものかについて、その概略をお伝えします。
第2部 霊言紹介 女性の使命と大和心(2004年8月21日 天照大神)
このコーナーでは、毎回、一つの霊言を取り上げ、その内容のエッセンスをお話しします。今回は、日本神道の主宰神である天照大神の霊言です。女性の本当の美しさとは? 女性の役割とは? すべての女性の方の人生にお役立ていただける内容です
第3部 女性の法5か条 〜第1条 受容性〜
受容性とは、相手のありのままを受け止める力です。女性が相手のありのままを受け止めることで、男性たちや子どもたちも、本来の神の子の姿に清められ、よりいっそう素晴らしい力が発揮できるようになります。レムリア・ルネッサンスに降ろされた「女性の法5か条」の第1条、受容性についてお話しします。

参加者の声

皆さまの熱のこもったお話たいへんわかりやすく「伝えたい」思いに溢れていました。初回ということで若干緊張感のあるセミナーではありましたが、大変楽しくきかせていただきました。ありがとうございました。

朗読劇「親子の約束」笑いの中にもわかりやすく「縁」が織り込まれていてよかったと思います。第3部の「女性の法5か条」内容がわかりやすく、また地球が光り輝いていくイメージが持てました。すばらしい内容のお話でした。ありがとうございました。

今という時の女性性の必要性と本来の女性性とは、その具体例を通してのお話、受容性について、とてもわかりやすく学ばせていただきました。劇も大切なことをユーモアをまじえて楽しくきかせていただきました。

女性の法 とは


女性たちの目覚めのとき

人類は今、これまで見失われていたもの、本来自分たちが何者であったのかに気づく目覚めのときを迎えています。

その中でも、女性たちが本来の自分たちの力、母性の力に気づき、行動を起こしていくことが、危機に瀕している地球を救う道筋をつくるのです。

詳しくはこちら

なでしこセミナー

2018.11.18(日)仙台開催


女性の力、母性の愛を学ぶことは、ご自身やご家族の幸せだけでなく、地球の命運さえ変えていくものです。 それはけっして難しいことではありません。いまあなたのいる場所から、始められること―。

参加申し込み受付中!

詳しくはこちら